ホーム >> 永住申請に関するQ&A
日本入国visa申請のQ&A
 永住申請の申請期間は?
 永住申請の申請期間は、入国管理局へ申請してから早ければ6ヶ月、長ければ1年で結果が出ています。
 永住申請の申請は、理由書が重要と聞きましたが?
 その通りです。理由書の内容と過去に提出している書類の内容について、整合性があるかどうか判断します。
 理由書をどのように書いたらいいか分かないので作成してもらえますか?
 もちろんです。理由書以外にも永住申請の申請に必要な書類は全て私たちが作成します。
 永住申請の申請後、入国管理局から追加書類の指示が来た場合もサポートもしてもらえますか?
 もちろんです!追加書類のサポートも無料でします。
 身元保証人が必要と聞きましたが?
 身元保証人は、日本人又は永住申請を持っている方になっていただく必要があります。
 永住申請の申請が不許可の場合、本当に全額返してもらえるのですか?
 もちろん不許可の場合は全額お返しします。料金面でもお客様にご安心していただける体制が整っています。
 不許可になったらどうなりますか?
 ご安心ください。永住申請の申請は、何度でも申請することが可能です。不許可になった原因を解消し再申請すれば、許可になる可能性も十分あります。
 永住申請の許可が下りた後にすることはありますか?
 市区町村へ14日以内に外国人登録証明書の変更手続きを行う必要があります。また、申請者の国によっては、永住申請の請許可後にパスポートの切り替えを行えば、本国の特典を得ることがあります。
 ご依頼した場合、どのくらい費用がかかるか不安です。
 ご安心ください。ご依頼時にお見積書をお渡ししますので、きちんと費用が明記されています。
 依頼してから最後の最後まで、何度質問しても費用は変わりませんか?
 もちろんです!何度でもお気軽にご質問・ご相談ください。
 依頼してから追加費用が発生するのではないかと不安です。
 追加費用は余程のことがない限り発生しません。(過去に追加費用をいただいたことはありません)
 依頼後の私と先生との連絡方法は?
 基本的にメールと電話で行います。もちろんFAXも可能です。
 永住申請についてもっと詳しく教えてくれますか?
 はい!真心込めてご対応します。初回相談無料ですので、ご安心してお問い合わせください。
サポート実績一覧
関連情報


永住申請の申請や取得手続き・必要書類・条件・許可・不許可に関することなど、永住申請のことならお任せください。

日本全国対応

私たちは、北は北海道から南は沖縄まで、全国対象に永住申請の申請や許可手続きのサポートを行っております。
永住申請に関するお問い合わせは、東京、神奈川(横浜)、千葉、埼玉の都心部をはじめ、大阪、京都、兵庫(神戸・三宮・姫路)、和歌山、奈良、滋賀、三重の近畿地方、そして、愛知(名古屋)、岐阜、静岡の東海地方、石川、富山、福井、新潟の北陸地方、岡山、広島、山口の山陽地方、徳島、高知、香川、愛媛の四国地方、福岡、長崎、鹿児島の九州地方など全国から毎日たくさんの中国人・韓国人・フィリピン人・タイ人・台湾人・マレーシア人・インドネシア人・インド人・アメリカ人・カナダ人・ロシア人・ベトナム人の永住申請のご相談はもちろんのこと、モンゴル人・スリランカ人・ネパール人・ラオス人・トルコ人・パキスタン人・カンボジア人・イラン人・バングラデシュ人・ミャンマー人・エジプト人・ナイジェリア人・フランス人・イギリス人・ドイツ人・イタリア人・オーストラリア人・ペルー人・ブラジル人・アルゼンチン人・ボリビア人など世界中の外国人の永住申請に関するお問い合わせをいただいています。
来日してからの生活状況や在留資格などによって、永住申請の必要書類や審査条件が異なります。
日本全国で世界中の外国人の永住申請の申請や取得手続きをしている私たちだからこそできるサポート・持っている知識があると考えています。
永住申請の申請や取得手続きなら、私たち行政書士にお任せくださいませ。